サイトへ戻る

『トレインスポッティング2』、

最高!もっかい見たい。

映画は最高 

· 映画は最高,トレインスポッティング2,ジャンキー青春映画

こんにちは。映画の会のおかげで 映画を観ることがより

楽しくなったジャスミンKYOKOです!

さあ、今月の映画の会は、「映画に出てきた食べ物」を持ち寄る企画。

何にしよう。候補はいくつかあるが それをどうやって用意するか。

悩みます!(幸せな悩み♪)。

さて、この前の映画の会で、Uさんが『トゥルーロマンス』がダメだったと

一言言ったら 女子チームから集中砲火!(笑)

「えーあれ、面白いじゃないですかー」

「クリスチャン・スレーターかわいいのに」

「ホッパー父さんが口を割らないのが素敵」

『トゥルーロマンス』はロードムービー。

ロードムービーのキホンはだいたいおバカなことをした主人公が

警察やマフィアなどから逃げ回る逃避行。

Uさんは「何でバカなことをするんだ」「ちゃんと働け!」(笑)

「お父さんがかわいそうじゃないか」と感じるらしい(笑)。

そんなUさんが ドラッグやってなくても吐きまくりそうな映画、

それが『トレインスポッティング』です!!(笑)

↑このどうしようもない若者たちの二十年後を、20年経ったそのままの

キャストで描かれるのが おととい観に行った『T2 トレインスポッティング2』。

キャナルがやっと19時台になったのでレディースデーに観に行ったのだ♪

もうすぐ上映終わりそうな日なのに 多かったなあ!

ほとんど女子!。レディースデーというのもあるかもしれないが、

この作品の続編を待ちわびたアラフォー以上の女子たちという顔ぶれ。

わたくしKYOKOは 例の、「オシャレな部屋にするためのアイテム」として

ポストカードは持っていたが(笑)、ずっと見てなかった。

最近、夜中にTVであったので 2を観に行くために1を観た。

エディンバラに住む、ドラッグに溺れ切った若者たちの日常。

ドラッグ、セックス、音楽。

ヤクを手に入れるために盗みを繰り返し、雇用保険をもらうために

就職活動をしては わざと面接に落ちるために悪態ついたり。

アメリカ映画だとここまでジャンキーをスタイリッシュに描けない気がするけど、

イギリスの、レンガの街と、古い家具や壁がマッチしてて

しかも何のメッセージ性もないところが楽しく見れる(笑)

骨の髄までドラッグに浸かった若者たちの話なのに なぜか元気がでる(笑)。

↑1作目。ユアン(中央)、若い!!

↑20年後(笑)みんな 素敵に年齢を重ねてる♪

このイギリスらしい、空が落ちてくるような、

雲の位置が低く見えるどんより空がいい。

前作で仲間たちを裏切って大金を持ち逃げしたマーク(ユアン・マクレガー)が

オランダで生活してるとこから始まる。

映画を観ながら、

「さすがジャンキー♪住むならオランダだろうね」(オランダはドラッグが合法)と

妙に感心して観ていたが、まさか、オランダが舞台じゃないよね(・_・;)

ちょっと最初焦った。イギリスじゃないと!!!この映画は!(笑)

マークがエディンバラに帰郷したのでホッ。

オランダのキレイなチューリップ画像から一転、暗い空、雨、雲。

すすけたレンガ。素敵!!

20年ぶりに帰ったマーク。仲間は20年前と変わらず、想像にたがわぬ

生活をしていた。

売春やら恐喝で稼ぐシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー、上の画像一番手前)

スパッド(ユエン・ブレムナー一番奥)は家族に見放され、一人で生活していた。

↑ロンドンから だいぶ北にある、エディンバラ。

わたくしKYOKOは、ノッティンガム(イングランド北部)までしか

行ってないからスコットランドは、いつか行く宿題の場所♪

アメリカが一番好きな国だけど、たぶん二番目に好きな国はイギリスだと

思う。英語圏の国が好きというのもあるけど、

パンクやイギリスのパブ、ダークな感じに昔から弱いというのもある。

高校の時にライブハウスに行った時はもう、嬉しかった。

バンドマンは細ーい足にピチピチのパンツ、ラバーソウルやドクターマーチン。

Wのライダース。

ネイバーズカフェにライブでやってくるバンドの人が健康志向と聞くと

内心ちょっとがっかりしたり(アホ)。

日に焼けたマッチョが好きだけど、バンドマンは色白で不健康でいてほしい(アホ)。

イギリスの若者と言えば・・・わたくしKYOKOに叩きこまれたイメージ

そのものの人々がいる映画、それが『トレインスポッティング』(笑)。

あの汚いトイレも、ユアンの部屋もそのまま健在♪あのトイレを観ると

こういう時は男子でなくてよかった!と思います(笑)。

女子トイレは いくら外国でもそこまでは汚くはない。

日本のキレイさに慣れてると何でもビックリするから面白い。

とは言っても使うのが辛い場合は 最終的にキレイ目なトイレに移動するのはアリ。

汚いトイレを発見したら その後ずっと嘆くのではなく

楽しむのが旅の極意じゃ( ̄▽ ̄)

 ↑あのトンネルを走り抜けるのが私の宿題(笑)

2でもスパッドが、このトンネルを走って逃げてたマークを回想して立ち止まる。

このいつも雨上がりで濡れている道がいいよね♪

20年経っても、変わらずバカな彼ら(笑)。

ユアンがかっこいい~。私は20年経ったユアンの方が好きかな。

お尻も見れますよ!!(なんちゅう薦め方)

男の子っていうのは 結局地元が好きよね( ̄▽ ̄)

地元の友達が一番安心できるのかな。

女子はどこに嫁いでもいいように そういう郷土愛が薄いDNAに

なっているのかもしれない。

女子は縦社会に生きていないので、行く先々で友達を作っていくけれど、

男子は損得や社会的立ち位置が生まれる前の

小中高校や大学までの友達と遊ぶ方が、素の自分でいられるのかもね。

エディンバラの駅で「ようこそ!」というビラを配っているのは、

ウクライナの女子だったり。移民が増え続けて元祖イギリス人が減った

イギリスへの皮肉も混じってる。ブルガリア女子のベロニカが言う、一言。

「あなたたちは 過去に生きてる」。

女には分からない、男たちの昔の仲間への愛着。

酒が入ったマークがベロニカに怒涛のように言い放つ、

前作とまた違うニュアンスがこもった同じ言葉。

「チューズ ライフ!」

違う人生を選べたかもしれないけれど、このどうしようもない人生も悪くない。

自己啓発感がまったくないのが、とっても楽しい!

自堕落でお気楽な若者がそのまま 大人になった。

それでも 悲壮感が漂わない♪ ふふふ

夜遊びもせず、飲みにも行かない今の20代に観てほしい♪

映画の中だけでも 羽目をはずそうよ!!

   @『T2 トレインスポッティング2』(2017 英)

   マーク・・・・・ユアン・マクレガー

   スパッド・・・・ユエン・ブレムナー

   シックボーイ・・ジョニー・リー・ミラー

   ベグビー・・・・ロバート・カーライル

 

   @2017 KYOKO映画私的ランキング

 

  1位・・・・『マリアンヌ』

  2位・・・・『マグニフィセント7』

 ★3位・・・・『T2 トレインスポッティング2』

  4位・・・・『ザ・コンサルタント』

  5位・・・・『スノーデン』

  6位・・・・『沈黙ーサイレンスー』

  7位・・・・『LA・LA ランド』

  8位・・・・『ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー』

  9位・・・・『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

 10位・・・・『バーニング・オーシャン』

 11位・・・・『ネオン・デーモン』

 12位・・・・『バイオハザード ザ・ファイナル』

 13位・・・・『雨の日は会えない 晴れた日は君を思う』

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。